HOME > 応援している子ども食堂

応援している子ども食堂

「子ども食堂」とは?

「子ども食堂」とは、こどもが一人でも安心して来られる、無料または低額の食堂のこと。

2012年頃から使われ始めた「子ども食堂」は、貧困家庭の子どもに食事をさせるところと誤解されることが多いが、本来は、子どもが一人で食事する孤食を防ぎ、さまざまな人たちの多様な価値観に触れながら「だんらん」をする「居場所」のこと。

 

応援している「子ども食堂」

「ふくおか筑紫フードバンク」に寄付を頂いた食品等は、主に筑紫地区の下記の「子ども食堂」に届けています。

◆大野城市

名称 主な活動内容
おおのじょう 
こども食堂おおり
内 容:居場所、ものづくりおおのじょう子ども食堂
場 所:個人のアトリエ
開 催:2カ月に1回程度開催
子どもの参加:60名程度
(加入:2017年2月)
おおのじょう
 こども食堂 みずほ町
内 容:居場所、学習支援、絵本の読み聞かせ
場 所:西松建設 平和寮
開 催:毎月第2土曜日(月1回定期開催)
子どもの参加:50~70名程度
おおのじょう
 こども食堂

井の口公民館 

内 容:居場所
場 所:井の口公民館
開 催:7月初開催予定
子どもの参加:-
(加入:2017年5月)
おおのじょう
 こども食堂
 乙金東公民館 
内 容:居場所
場 所:乙金東公民館
開 催:6月開催
子どもの参加:30~50名程度
(加入:2017年5月)
おおのじょう
 こども食堂
 瓦田公民館
内 容:居場所、学習支援(地域コミュニティの再構築)
場 所:瓦田公民館
開 催:年2回
子どもの参加:60名程度
(加入:2017年6月)
月の浦
 公民館食堂
内 容:子ども、親子、高齢者の居場所
場 所:月の浦公民館
開 催:年2回
子どもの参加:50名程度
(加入:2017年7月)
おおのじょう
 こども食堂
かみおおり

 

内 容:居場所
場 所:上大利公民館
開 催:8月開催
子どもの参加:100名程度
(加入:2017年7月)

◆太宰府市

名称 主な活動内容
 たべりば
内 容:子ども達への食事提供、居場所づくり 
    コミュニケーションを継続すること
場 所:森ん子共同保育園
開 催:毎月最終週の月曜日(月1回定期開催)
子どもの参加:10~60名
(加入:2017年2月)

太宰府

いきいき子ども食堂

内 容:居場所
    ものづくりや音楽演奏などのお楽しみ企画つき 
場 所:太宰府市いきいき情報センター
開 催:毎月第2日曜日
参加者:子ども30名、大人20名
(加入:2017年4月)

◆春日市

名称 主な活動内容
 えんむずびの日
内 容:居場所
場 所:―
開 催:毎月1~2回
子どもの参加:1~5名 
(加入:2017年1月)

奴国の里

ふれあいこども食堂

内 容:居場所
場 所:奇数月 弥生公民館、偶数月 須玖南公民館
開 催:毎月第4土曜日
子どもの参加:50名 
(加入:2017年2月)

きずな

谷っこ食堂

内 容:居場所
場 所:小倉東公民館
開 催:毎月第2土曜日
子どもの参加者:50名 
(加入:2017年4月)

コミュニティ食堂 昇町

内 容:多世代の居場所
場 所:奇数月 弥生公民館、偶数月 須玖南公民館
開 催:5,7,9,11,12,1,3月の土曜日
参加者:100名 
(加入:2017年5月)

⇒ 子ども食堂の様子はこちら(facebook)

 

子ども食堂運営者の方へ

「ふくおか筑紫フードバンク」から食品の提供を受けたい「子ども食堂」の運営者の方は、「利用会員」になることが必要です。

「利用会員」の資格

  1. 子どもの健全育成のため子どもの居場所づくり・貧困等に伴う課題の解決をめざす「子ども食堂」を運営している。
  2. 食品や調味料(以下、「食品等」という。)の所定の場所までの引き取り及び適正な保管と利用ができる。
  3. 食品等を使用したことを報告する所定書式の報告書の提出ができる。
  4. 利用連絡団体会議に参加することができる。

会員登録の流れ

  1. お問い合わせ
    「利用会員」をご検討の方は、問合せフォームから事務局へお問い合わせをお願いします。
    詳細は、下記及び「利用会員」規約(PDF)をご参照下さい。
  2. 子ども食堂の状況確認
  3. 同意書の締結
    食品の取り扱いに関する同意書を締結して、利用会員になる。

利用会員が受けることができるサービス

  1. 子ども食堂で使用する食品等の提供
  2. 子ども食堂の運営に関する情報の提供